ワクチン接種によりコロナの感染発生率を減少させるという論文を公表

ワクチン接種によりコロナの感染発生率を減少させるという論文を公表

はじめに

 マサチューセッツ内科外科学会が発行している、世界で最も長い歴史を誇り、また世界で最も広く読まれ、もっともよく引用され、最も影響を与えている査読制医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」(以下、NEJMとする。)がワクチンの接種により、新型コロナウイルスの感染発生率を減少させるとする論文を公開しました。

 その論文は「Early Evidence of the Effect of SARS-CoV-2 Vaccine at One Medical Center」というタイトルで2021年3月23日に公開されました。(タイトルをクリックすると、当該論文に飛べます。)

 アメリカで緊急使用許可が出た2つのmRNAワクチンである「モデルナ社製ワクチン(mRNA-1273)」と「ファイザー社製ワクチン(BNT162b2)(コミナティ筋注)」(日本で使用許可が出されているものと同じ)の接種による感染拡大防止効果を示しています。

 また、当該論文は、2020年12月15日から2種類のmRNAワクチンの接種プログラムを開始した「UT Southwestern Medical Center」(以下、UTSWとする。)のデータを基に執筆されています。

概要紹介・解説

 ワクチン接種プログラムを開始して最初の1ヶ月間(31日)で、23,234人(UTSWの従業員の59%)がいずれかのmRNAワクチンの初回接種を受け、30%が2回目の接種を行いました。

 2020年12月15日から2021年1月28日の快打に、ワクチンの接種資格がある23,234人のうち、合計350人(1.5%)が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

画像引用:https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

 上画像のAに示しているように、感染者の割合はワクチン接種状況によって異なり、

  • ワクチン接種を受けていない従業員8,969人のうち234人(2.61%)
  • 部分的にワクチン接種を受けた従業員6,144人のうち234人(1.82%)
  • ワクチン接種を完全に受けた従業員8,121人のうち4人(0.05%)

に新型コロナウイルスの感染が判明しました。

 また、上画像Bに示しているように、1月9日以降、UTSWの全従業員の実際の陽性検出数は、救急科に来院した患者の新型コロナウイルス陽性率の実際の増加に基づいて予測された数よりも一貫して少ないことが分かりました。

 以上のことから、UTSWでの「新型コロナウイルスに対するワクチンの接種」によって、UTSWの従業員の新型コロナウイルスの感染発生率が著しく減少したと考えられます。

まとめ

 この論文によって、あくまでUTSWのデータであるものの、新型コロナウイルスに対するワクチン接種によってCovid-19の発生を防ぐことができるということが示されました。

 論文の最後には、

It is clear that vaccine hesitancy presents an important challenge, even when access is not an obstacle. Addressing the factors underlying this reluctance through insights gained from experience will be essential if the full potential benefit of vaccination in creating a path to normalcy is to be achieved.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

としています。

本記事で紹介した部分の原文抜粋

Emergency use authorizations for two messenger RNA (mRNA) vaccines — the BNT162b2 vaccine (Pfizer–BioNTech) and the mRNA-1273 vaccine (Moderna) — marked important milestones in efforts to respond to the coronavirus disease 2019 (Covid-19) pandemic. These Food and Drug Administration actions were based on impressive results of clinical trials, but only in the weeks since the authorizations has real-world evidence been available to shed light on the overall effect of the vaccines on transmission of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection and related illness.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

Here, we report data from the University of Texas Southwestern Medical Center (UTSW), which initiated a program on December 15, 2020, to offer vaccine against SARS-CoV-2 to its frontline employees in phase 1a of vaccination, as directed by the Texas Department of State Health Services. The launch of the vaccination effort coincided with a rapidly escalating number of new SARS-CoV-2 infections in North Texas. 

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

In the initial 31 days of the vaccination campaign, 59% of 23,234 UTSW employees received a first dose of either one of the mRNA vaccines and 30% received a second dose. Between December 15, 2020, and January 28, 2021, a total of 350 of the 23,234 employees (1.5%) who were eligible to receive the vaccine were identified as being newly infected with SARS-CoV-2. As shown in Figure 1A, the percentages of persons who became infected differed according to vaccination status, with infections in 234 of 8969 nonvaccinated employees (2.61%; 95% confidence interval [CI], 2.29 to 2.96), 112 of 6144 partially vaccinated employees (1.82%; 95% CI, 1.50 to 2.19), and 4 of 8121 fully vaccinated employees (0.05%; 95% CI, 0.01 to 0.13) (P<0.01 for all pairwise comparisons).

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

As shown in Figure 1B, from January 9 onward, the actual number of positive tests among all UTSW employees was consistently lower than the number projected on the basis of the actual increasing SARS-CoV-2 positivity rate among patients who presented to our emergency department during this same period and had samples that were tested on polymerase-chain-reaction assay.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

Real-world experience with SARS-CoV-2 vaccination at UTSW has shown a marked reduction in the incidence of infections among employees. This decrease has preserved the workforce when it was most needed.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

It is clear that vaccine hesitancy presents an important challenge, even when access is not an obstacle. Addressing the factors underlying this reluctance through insights gained from experience will be essential if the full potential benefit of vaccination in creating a path to normalcy is to be achieved.

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2102153

執筆者

 当該論文は、
William Daniel, M.D.
Marc Nivet, Ed.D.
John Warner, M.D.
Daniel K. Podolsky, M.D.
によって執筆されました。

M.D.は医学系学位、Ed.D.は教育系学位をそれぞれ示しています。

ワクチン情報カテゴリの最新記事